電子 ピアノ 配送

人気の電子ピアノを格安で配送する方法とは?

電子ピアノ 引越し

電子ピアノ 引越し

電子ピアノ 引越し

電子ピアノ 引越し

 

じつは、電子ピアノも引越し業者がきちんと梱包して運んでくれますよ。
しかしながら、小さな引越し業者ではピアノ配送を請け負っていないところもあるのです。

 

簡単にピアノ配送をしてくれる引越し業者を探したいなら、引越し業者一括見積もりサイトがオススメです。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

一度の情報入力で、複数の引越し業者からの見積もりを取ることが出来ます。
1番安い業者を探すのも簡単です。

 

ピアノの配送も、ぜひ一括見積もりサイトをご活用くださいね。

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものです。
ではこの「オプション費用」とはどんなもののことなのでしょうか?

 

引越し費用のオプションとは以下のようなものです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

エアコンの移設はコンセントを抜けばOKな冷蔵庫と違って、室外機ともつながっているため素人ではまずできません。
しかしエアコンを自分で購入して設置した人なら、当然新居にも持って行きたいと思いますよね。
引越し業者のオプションで依頼しておけば、専門の業者が来てくれてエアコンを移設してくれるので便利なのです。

 

車の陸送なんて「自分でやればいいのに・・・」と思われるかもしれません。
しかし長距離引越しの場合は1人で運ばなければならないこともあります。
時間に余裕があって、体力や運転に自信がないとできませんね。
女性や高齢の方ですと、高速道路が苦手という方も多いです。
ですから車の陸送もオプションで依頼する人がいるのです。

 

ピアノはどこのお宅にもあるものではありません。
それに他の家具に比べても高級な楽器のため、小さな引っ越し業者ではピアノの運送を扱わないことがあります。
うっかり破損した場合の補償が大変だからです。
オプションで「ピアノ運搬」を入れておけば、一括見積もりでもピアノの運搬を扱う業者だけが対象になるので便利です。

 

 

レンタカーでピアノを運ぶ

 

レンタルトラック ピアノ

 

トラックをレンタルしてピアノを自分で運ぶことはできないだろうか・・・?
ちょっと頭をよぎるかもしれませんね。

 

ピアノは重量が100kg以上あるものも多いため、自分で運ぶのはオススメしません。
うっかり倒して破損しても何の補償もないので自力で運ぶのはリスクが高いだけです。

 

レンタカーは1日7000円程度で借りることができますが、これにガソリン代と手伝ってくれる人への謝礼などを考えると専門業者に依頼するのとさほど変わらない
かもしれません。

見積もりを取って比較しておきましょう。

 

軽い電子ピアノで、配送先が近所であるなら自分で運ぶ方法も有効ですが、重いピアノやエレクトーンは自分で運ぶ方法は止めましょう。

 

 

引越し業者の繁忙期は費用が高い

 

引越し 繁忙期

 

引越し費用っていつ依頼しても同じではなく、時期や時間などで金額が変わるのです。
郵便局で荷物を運ぶ場合は時期によって金額が変わったりしないのに、不思議ですね。

 

実は引越し業者には繁忙期があるのです。
この時期は日本中の引越し業者が忙しく、ネコの手も借りたいほどになります。
スタッフを増員したり、残業をして仕事をこなす毎日なのです。

 

繁忙期は3月前後で、新学期直前に大学入学のためや会社に入るために多くの人が引越しをするのです。
ですから繁忙期の引越し費用は他の時期よりも高く設定されています。

 

もちろん繁忙期は電子ピアノを運ぶ費用も高くなります。
ですからできれば繁忙期は避けて配送するのがオススメです。

 

 

引越しの仕組み

 

引越し 仕組み

 

荷物の量が多いと引越し料金は高くなります。
荷物が多いとそれだけ多くのスタッフが必要になりますし、時間もかかります。
さらに大きなトラックが必要となり、それだけ多くのガソリン代がかかるのです。

 

引越し料金を安くしたいなら、できるだけ荷物の量を減らしましょう。
今はネットで直接売りに出したりすることも出来ますが、売れるまでに時間がかかりますので早めに動きましょう。
リサイクルショップなどで引き取ってくれる家電は5年以下のものです。それを超えると買取りはかなり難しいです。
あとは欲しい人にあげる、捨てるなどの方法で不用品をへらしましょう。

 

新居に不用品を持って行くほど、不経済なことはありません。
引越し費用を安くしたいなら、不用品は引越し前に処分するのがオススメです。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はすることが多いので、先に手順を確認しましょう。

 

引越し業者に見積もりを取るのは、新居が決定してからがオススメです。
なぜかというと新居の階数やエレベーターの有無、駐車場の場所などの情報がなければ、正確な引越し料金を出すことができないからです。

 

だからといってのんびりしていると条件の良い引越し業者から予約が埋まっていくので、ご注意ください。

 

荷物は引越し日よりも早めに梱包しましょう。普段はあまり使っていないものや季節外れの洋服などから梱包するのがいいですよ。
さらに不用品はできるだけ引越し前に処分しておきましょう。
荷物が多ければ多いほど、引越し料金が高くなるので引越し前に計画的に処分してくださいね。

 

市外へ引越しする方は「転出届」を市町村役場に出します。これは引越しの2週間前から受付してくれます。
国民健康保険や国民年金、児童手当などの住所変更について必要なものがないか聞いておくと、何度も足を運ぶ無駄がありませんね。

 

電気・ガス・水道は引越し日までの費用を日割りで精算してもらうように手配しましょう。
それぞれの会社で手続き方法が異なりますから、詳細は電話で確認してください。
もし同じ市内での引越しなら、引越し日からは新居で電気・ガス・水道を使えるようにしてもらってくださいね。

 

最寄りの郵便局に行って転送届を提出し、引越し日からは新居に荷物が届くように手配をしてください。
1年間は転送してくれるので、その間に新住所を知り合いに伝えておきましょう。

 

引越し当日は家具や家電の配置を引越し業者に指示してくださいね。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものなどは自分で運んだほうがいいです。

 

引越し日から2週間以内に市内引越しなら「転居届」を、市外引越しなら「転入届」を提出してください。
これで選挙など役所からのお知らせが届きます。

 

運転免許証やパスポートなどの身分証明書になるものや、各種の保険・銀行カード・クレジットカードなどの住所変更手続きも行ってくださいね。

 

 

宅配を使って引っ越す

 

ピアノを運ぶときに配送業者を利用する方法もいいですね。このとき引越し料金も浮かせてしまうことが出来るので見積もりを取ってみるといいですね。
ピアノを運んでもらえるので、のこりの荷造りをしながら、次の引越し先の状況を把握して挨拶やガス、水道などの手続きについても進めていくことが出来ますね。
建て替えで一時ピアノを配送してもらうバア愛は引越し業者に相談して預かってもらえるか聞いてみましょう。オフィスが大きな所は倉庫などもあるのでらくらく収納できるところもあるかもしれません。

 

ファミリーがたくさんいるメンバーだとダンボール箱がいっぱいになってしまうことが有りますので、宅急便を使うことは考えにくいと思いますが、一人のシングル引越しならば運送業社の一般的なサービスを使って引っ越す手配をすることも可能です。配送業者を利用してピアノもいけることは考えにくいので家族で手配することになると面倒ですね。

 

宅配便には荷物の大きさで費用が明確になっている場合がほとんどなので、十分の前もって比較しておまかせ感覚で格安にすることもできてしまいます。

 

距離が遠いときは値段が高めになってしまうので一覧表でチェックしてみるといいですね。

 

ダンボールが通常よりも大きいと運んでくれないことも有ります。重いものだと制限もあります。テレビや洗濯機などは最近は大型化しているのでちょっと考えてみてほしいですね。

 

食器棚やテーブルなどを運ぶ必要がない場合がほとんどだと思いますので、必要最小限の量で送ってしまいましょう。どのくらいの荷物量があるかどうかで費用を確認しておくといいですね。

 

簡単に料金を算出する方法としては一括見積りがあります。引越し業者に依頼するにもハードルが高いですよね。いっぺんに料金を出してくれるサービスなので、荷物が少し多いと思った場合はホームページをみて手続きするよりも料金の目安や平均的な費用が簡単にわかる一括の見積りを使ってみるのも手だと思います。

 

新しい生活を快適に過ごすために引越しの代金は格安に激安にしておきたいですね。
申し込みが早いほど安いプランが検討できるので全国どこでも対応できるサービスを利用して転居でいればいいですね。
評判もあると思いますので、段取りを早く済ませて、ピアノの調律の依頼もして配送の準備をすすめましょう。
手順次第ではキャンペーンのパックなども利用できて大手の会社で中小の業者並の費用と時間に節約することが可能になるかもしれませんからね。
少量ならなおさらすぐに取り掛かるとランキングでも有名な会社にピアノを運んでもらっても安くなることがあるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

エレクトーン 運送 タンス 移動 冷蔵庫 配達 電子ピアノ 引っ越し